re:inventing the wheel

それでも車輪は回っている

(DIY)RaspbianにWebVirtMgrを入れてみた

最近エンジニアらしい活動をおろそかにしていた為、自宅の検証環境整備をはじめました。

使っていないThinkPad X61をKVMサーバとしたのですが、VPNサーバ程度にしか使用していない RaspberryPi2をフロントのGUIにおいて仮想マシン管理しようと画策して見ました。

MarkdownのファイルをWord書類に変換する

markdownに一度慣れてしまうと、レイアウトなどをあまり気にせずに文書を作成できるため 非常に便利なのですが、印刷や文書共有についてはOffice製品に比べると汎用性に欠けてしまいます。

CentOS7のDocker Imageを自作する

これまでCentOSでdockerイメージをを自作する際は、febootstrapというコマンドを利用していましたが、 CentOS7ではepelからもパッケージがなくなっていたので調べてみました。

Homebrewでパッケージのバージョンを切り替える

前回の記事でdockerをCentOS7にインストールしてみましたが、先述のとおりdockerのバージョンは最新ではありませんでした。 しかし、順当にbrew updateを行なっていくと最新バージョンになってしまい、docker AIPのバージョン差でリモートからコントロールできません。

そこで今回は、homebrewでインストールパッケージのバージョン管理について調べてみました。